内装・設備

コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ⑥《子供部屋編》

投稿日:2018年8月16日 更新日:

こんにちは。akiです。

今回はコンセント記事の最終回です。

子供部屋(書斎)のコンセント配置で気をつけたことをお話ししていきます。

●コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ①
●コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ②《玄関編》
●コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ③《リビング編》
●コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ④《ダイニング・キッチン編》
●コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ⑤《寝室編》

自作の家具配置図を元に作って頂いた図面を修正していきます。

スポンサーリンク

子供部屋の家具配置をベースにした書斎

南西の部屋は当面旦那の書斎ですが、将来的に子供部屋になる予定なので、コンセント配置は子供部屋ベースにしました。

まぁ、特にこれと言って置くものもなく、旦那本人の希望もないので大丈夫かと思います。

ベッドサイドとデスクのサイドに2口を一個ずつ、空いた壁面にTVジャック付きの4口を配置しました。

5帖しかないので、家具配置を最初に決めて、それに合わせてコンセントを配置します。

ベッドの向きを北枕か東枕で想定すると、この東枕配置がベストな配置かと思います。
(風水では北枕か東枕が良い)

使うものもこれだけ想定すれば普通に過ごせると思います。

  • デスクライト
  • PC
  • プリンタ
  • TV
  • スピーカー
  • ゲーム
  • 充電

時代が変われば家電も変わってくるかもしれませんが、全て同時に稼働することはないはずなので問題ないと思いたい。

デスク用のコンセントは高い位置にあった方が便利という意見も見かけますが、コンセント付きのデスクにすれば問題ないかと思い、通常の高さ(床から25cm)でデスクに隠れる位置に配置しています。

今はデスクにコンセントが二つ付いているだけじゃなく、USBポートが付いた物なんかもありますしね。

パソコンデスク 90cm幅 コンセント USB ナッツ nuts iw-277 あす楽デスク 幅90 奥行45cm pcデスク 書斎机 ワークデスク 引き出し付き usb コンセント付き 省スペース 90cm幅 木製 金属製 北欧 ウォールナット 即納 岩附 iwatsuki works

価格:15,984円
(2018/8/15 15:43時点)
感想(3件)

それにデスクの足元に設置すれば、デスク横に背の低い収納家具を置いてもコンセントは隠れません。
(ここしか家具の置き場がない)

6帖で3箇所、6口から8口は目安としてあった方がいいと言われているようなので、これで標準的な配置ではないでしょうか。

スポンサーリンク

PC部屋は2パターンの家具配置

北西の部屋はPCを二台並べて仕事部屋にします。

二人目の子供が万が一できたら子供部屋にシフトする予定です。

子供部屋にした時に、ベッドサイドとデスクのサイドにコンセントが配置できて、尚且つPC部屋にした時にPC2台分のデスクが北の壁面のどこに配置されても問題ないようにしました。

《PC部屋仕様》

北西にデスクを2台並べて使います。

そして残った壁面には収納ボックス。
(・・・ヲタクだからDVDとか舞台のパンフとか、画材、雑誌、コレクションなどなど荷物が多い・・・)

デスクとコンセントの位置がずれているのは、デスクの左に収納を置く可能性もあるので、多少左右に位置が動いてもいいようにしたかったからです。

あと、子供部屋にした時に、東枕ではなく北枕の向きでベッドを置いたとしてもコンセントが隠れないようにしています。

コンセントは合計12口で使用するものに対してかなり多めに配置しています。
PCやプリンタ以外はほぼ同時に使うことがないものばかりなので、こんなに多くは必要ないのですが(^^;

子供部屋仕様にした時にどうしても1箇所はコンセントがベッドに隠れてしまうので、通常より1箇所多くしています。

《子供部屋仕様》

南西の部屋と同じく、枕の向きを東枕にして配置しました。

4口コンセントが一つ隠れてしまいますが、壁際に収納家具を置くスペースを確保しようと思うとこの配置しかありませんでした。

初めは北西の角に北枕でベッドを置いて、北東の角にデスクを置こうと思っていたんですが、それだと収納を置く壁面がほぼなくなってしまうんですよね・・・。

それに気づいたのがコーディネーターさんとの最終の打ち合わせ後だったんですが、なんとか家具配置変更に合わせてコンセント位置の微調整をしてもらいました。
(電気配線は決定してて図面も電気業者に連絡済みでした・・・本当に申し訳ない)

仕事部屋の理想の配置ばかりを考えていたので、子供部屋仕様にした時の収納家具配置までちゃんと頭が回りませんでした(^^;

 * * *

最終的に、南西部屋に2口1箇所、北西部屋に2口と4口を1個ずつ追加しました。

標準+3箇所です。
(今回コンセントの口数ではなく設置箇所で金額をカウントしています。HMによって違うと思います)

というわけで子供部屋編は以上です!

まとめ

我が家の最終的なコンセント追加数はこんな感じになりました。

  • 玄関+1
  • リビング+1
  • ダイニング+1
  • キッチン+1
  • 寝室+2
  • WIC+1
  • 子供部屋①+1
  • 子供部屋②+2

ということで計10箇所追加となりました。

追加料金はコンセントの口数は関係なく、何箇所増えたかで変わるそうです。
(2口コンセント→4口コンセントへの変更が無料でした!普通は金額が変わると思います。)

この数と配置で足りるのかどうか、実際に住み始めてから検証していきたいと思います!

 * * *

6回に分けてコンセント配置についてお伝えしてきましたが、なかなか気が遠くなる作業でした。

家具配置図を作り、家電を確認し、既に家を建てている方々のブログを参考にし・・・

こうやってブログを書くことで問題点に気づいて修正をかけてもらったり。

コンセント配置が家づくりの中で一番後悔の多い部分だと言われているのは、考えるのに費やす時間やエネルギーが大き過ぎて力尽きて妥協してしまうからなんだろうなと思いました。

本当に大変ですが、自分の家なので自分で決めるしかないのが注文住宅の辛い所でもありますね。

この記事がこれから家を建てる方にとって少しでも参考になれば幸いです(^^

使わないコンセントにはおしゃれなカバー

コンセント キャップ おしゃれ / ねこのコンセントカバー 4個組 AKN-1804 /【ポイント 倍】【送料無料】

価格:756円
(2018/8/7 18:49時点)
感想(4件)

スポンサーリンク

にほんブログ村(マイホーム計画中)

クリックが励みになります(^^
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村(ローコスト)

人気ブログランキング

-内装・設備
-, ,

Copyright© 年収300万円台からの家づくり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.