外観・外構

屋根の破風・鼻隠・軒天とは?配色のポイントは?

投稿日:2018年7月29日 更新日:

こんにちは。akiです。

前回までの打ち合わせで外観のほぼ9割が決まりました。

●前々回→外壁と窓サッシの配色で印象はガラッと変わる!!

●前回→価格と見た目重視の玄関ドア選び!

あとは屋根の「破風」「鼻隠」「軒天」の色を決めたら外観は完成です!!

スポンサーリンク

破風・鼻隠・軒天ってどこのこと?

破風・鼻隠・軒天なんて聞きなれない言葉ですが、要するにこんな感じ。

<破風>
屋根のサイドの部分の断面のことを言います。
ケラバと混同しそうですが、ケラバは棟からはみ出した屋根の部分の名前なのでちょっと違います。

<鼻隠>
雨どいが付く方の屋根の断面のことです。地面に平行になっている辺ですね。

<軒天>
屋根の天井部分です。

この部分も好きな色を選ぶことができますが、配色によって家のイメージが大きく変わるので意外と重要な部分なのです。

配色パターンのシミュレーション

色が選べると言っても、素人には何が何だかよくわからないので、コーディネーターさんに大まかに方向性を決めて頂きます。
基本的に破風と鼻隠は同じ色にしますが、必ずしも軒天と一緒にしなくても良いそうです。

プロの塗装屋さんの意見も参考にしながら考えていきたいと思います。

<破風・鼻隠>
破風板、鼻隠しに関しては、屋根の色に合わせる場合が多いです。
屋根に合わせれば立体感を出すことが出来ます。
あえて、外壁とも屋根とも違う色を入れてアクセントカラーにする場合もあります。

<軒天>
軒天の色は基本的に明るい色で塗装することをお勧めします。
それは軒天が影になるので暗く見えるという点と、部屋内から外を見た際に明るく見えるからです。
白系、もしくは外壁の少し薄めの色を選ばれると良いでしょう。

塗装バンク:外壁・屋根塗装のノウハウ より

スポンサーリンク

今回は木目のアクセントを引き立たせる為に、屋根色合わせのブラックと明度を上げたライトグレーを使った3パターンを作っていただきました。

①破風・鼻隠・軒天:ライトグレー

黒い外壁だと、全てライトグレーでまとめるパターンが一番多いそうです。
ベタ基礎のコンクリートの色とリンクして良い感じにまとまっています。
屋根が軽い感じに見えますね。

②破風・鼻隠:ブラック/軒天:ライトグレー

全てライトグレー合わせよりもちょっと落ち着いた感じです。

③破風・鼻隠・軒天:ブラック

全て外壁合わせのブラックにするのは珍しいとのこと。
ただ、検索してみるとオールブラックの家が結構多かったです。
ライトグレーが入っているものに比べると重厚感が増し増しですね。

我が家はこの中から②のブラック×ライトグレーに落ち着きました。

ライトグレーでまとめると軽くなりすぎるし、ブラックでまとめるとちょっと重くなりすぎるかなと思ったので、間をとってみました。

破風・鼻隠は屋根色合わせ、軒天は明るい色、という基本に忠実な感じですね。

雨樋は鼻隠と壁の色に合わせてブラックに決まりました。

まとめ

我が家は壁も屋根もサッシも黒なので、まとまりを考えると選択肢が黒orグレーという風に限られてきましたが、配色によっては必ずしも屋根合わせ、壁合わせにしなくても良いようなので、プロの考える配色の考え方をベースに、色々シミュレーションしてみると良いかと思います。

カラー外壁で破風・鼻隠・軒天・サッシを白でまとめたらカントリー調っぽくなりますし、破風・鼻隠をアクセント外壁と同じ色にしてメリハリを付けることもできますし、可能性は無限大ですね!!

屋根・外壁塗装の最安値なら
外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】



スポンサーリンク

にほんブログ村(マイホーム計画中)

クリックが励みになります(^^
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村(ローコスト)

人気ブログランキング

-外観・外構
-, ,

Copyright© 年収300万円台からの家づくり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.