内装・設備

壁の下地補強とは?新築時に下地補強をオススメする理由

投稿日:2018年10月2日 更新日:

こんにちは。akiです。

打ち合わせで壁の下地補強について希望を聞かれまして、先日の大工工事では柱の所々に下地補強用のメモが書かれていました。

こういったメモを見るとちゃんとやってもらえてるんだなと安心しますね。

今回は家具などを後付けするに当たって必要になる、壁の下地補強についてのお話です。

《目次》
1.何のために下地補強をするのか
2.下地補強をお願いした場所
 ①収納用&仕切り用ロールスクリーンの下地
 ②壁掛けテレビ用の下地
 ③カップボード用の下地
 ④洗面の下地
 ⑤玄関の下地
3.まとめ

何のために下地補強をするのか

木造住宅の壁の多くは石膏ボードでできています。

9.5mm、12.5mm、15mmと厚みに種類はありますが、住宅の壁は12.5mmのものが使われることが多いです。

石膏ボードは意外ともろく、穴が空くとそこからボロボロ崩れてしまいます。

壁で柱のない部分は、石膏ボードと空洞もしくは断熱材が入っているだけなので、ビスなどを刺してもしっかりと固定することができません。


DIY FACTORY COLUMN:壁に棚を取り付けよう!壁の構造と便利アイテム5つの紹介。より)

このような構造になっているので、何か家具や棚などを固定するには丈夫な間柱の部分を探さなければならないのです。

大きな家具や、設置場所が決まっているものを好きな場所に取り付けたい場合は、下地としてその位置にベニヤ板を取り付けます。

ベニヤ板で補強することで、柱ではない所にもビス留めができるようになります。

これが「下地補強」です。

この下地補強をしておくと、DIYで棚や家具などを壁付する際に

  • 間柱を探す手間
  • 下地センサーや石膏ボードアンカーなどの工具

というものは不要になりますし、設置場所が希望の場所からずれてしまうということも避けられるのです。

下地補強をお願いした場所

壁の下地補強はHMによっては有料の所もあるようですが、今建てて頂いている工務店さんでは大工さんがほぼほぼサービスで入れてくれるそうです。

ですので基礎工事が終わって大工工事に入る頃には場所を決定してお願いしておかなければなりません。

「サービスなのであまりたくさん指定するのはちょっと・・・」

ということだったので、ここは是非欲しい!という場所に絞ってお願いしてみました。

①収納用&仕切り用ロールスクリーンの下地

我が家の1階の収納スペースは、キッチンと洗面の二ヶ所です。

元々のプランでは収納扉を付ける予定でしたが、扉をなくしてロールスクリーンを設置することにしました。

キッチンの収納は一番下にゴミ箱を置く予定なので、毎回毎回扉を開け閉めするのは正直面倒臭いんですよね。

ロールスクリーンにすれば、普段はゴミ箱の上まで下げておけばゴミ捨ての時に気になりませんし、来客時は床まで下げれば全部隠せます。

洗面も湿気がこもりやすい場所なので、普段は上げておいて、来客時に洗面を使いたい時だけ隠しておけたらいいなぁと。

洗面は階段下収納なので、床から1800mm、キッチンは元々の扉の高さまで下がり壁ができるのでその壁の所に下地をお願いしました。

そして、エアコンの効きをよくするために階段の登り口にもロールスクリーンを付けます。

リビング階段のお家だとよくこんな感じで付ける方が多いみたいですね。

我が家は画像のような見切り材はなく、収納のような下がり壁もないので天井に下地を入れます。

ドア2枚分で3万円程減額になるので、その浮いた3万円でロールスクリーン3ヶ所が賄えたらいいなぁと…

予算が足りなかったら来客から見えない洗面のロールスクリーンは後回しですね(´・ω・`)

②壁掛けテレビ用の下地

いずれ買い換えるであろうテレビのために入れてもらいました。

現在の賃貸アパートではLDKが10帖ほどなので、手持ちの32インチのテレビが丁度いい大きさです。

しかし新居に移ったらソファからテレビまでの距離が3mくらいある計算なので、最低でも50インチは欲しいところ。

絶対壁掛けにしたいわけではないのですが、後から検討する時に選択肢があった方がいいかと思い、下地を入れてもらうことにしました。

③カップボード用の下地

我が家は予算の関係でキッチンのカップボードを施主支給にする予定です。

未だにどんなものを置くのか決めきれていないので、どんなものを置いても耐震補強ができるように上の方に下地を入れてもらいました。

床から1500mm〜2500mm(天井まで)のスペースです。

カップボードに限らず、後から大きな家具を置きたい、耐震補強したい、という場合は入れておきたいですね。

④洗面の下地

すごく盲点だったのがタオル掛けです。

タオル掛けは勿論あるものだと思い込んでいたのですが、言われてみれば選んだ記憶がないんですよね・・・

しかも階段下収納や引き戸のスペースを確保しているので、タオル掛けをつけられるのが洗面横のこの部分しかありませんでした。

一般的なフェイスタオルの幅が34cmくらいあります。

なのでもどう頑張っても普通のサイズのタオルバーが付けられず、短いタイプのタオル掛けをLIXILさんに追加でお願いしました。

LIXIL:2018住宅設備機器総合カタログA4版 より

こんなシンプルなものにしましたが、後から考えたら施主支給でお洒落なのを選んだ方が良かったかなぁ・・・

折角白地に黒アクセントで統一しているんだから、黒アイアンのお洒落なのとかいいですよね。

ワイヤーリーフリングタオルハンガー タオルリング アイアン タオル掛け タオルハンガー おしゃれ トイレ キッチン 洗面所 壁

価格:1,890円
(2018/10/2 10:55時点)
感想(111件)

あと、我が家は入れませんでしたが、洗濯機の上の壁面に下地を入れておくと、棚を後付けできて便利な使い方ができると思います。

今は安いスチール製のラックを置いているのですが、色も白で統一できるのでそのまま使う・・・はず。

(本当は棚が欲しいけどそこまで考える余裕がなかった)

⑤玄関の下地

玄関の姿見用に下地をお願いしました。

割と早い段階でシューズボックスの話をした時に、モデルハウスと同じタイプのものが付きますよ〜と言われていたので、てっきりミラー付きのこういうもの

が付くのかと思っていました。
(色はホワイト)

が、実際はミラーがないことが判明・・・

個人的にミラーの有無にはこだわりがないのでどっちでもいいのですが、ミラー付きだと元値が13,600円程上がるそうです。

流石にそれは痛いので、シューズボックスは鏡無しのままにして、もし鏡が必要になった時に後付けできるように反対の壁面に下地をお願いしておきました。

だいたいこの辺。

高さ2000mm、幅800mmの範囲で玄関土間で全身チェックができる位置にお願いしました。

でもこれまで何年も賃貸暮らしで玄関に大きな鏡があったことはないので、付けないかもしれない…

後で調べたら鏡の扱いって風水的に難しくて、玄関入って右手につけるか左手につけるかで意味が違ったり、そもそも玄関に鏡を置くこと自体あまり良くないという意見もあるんだそうです。

鏡をつけないままなら、ここは将来的に手すりをつけるのに活用できたらいいなと思っています。

幅的に微妙なところですが・・・

まとめ

我が家は合計7ヶ所に追加で下地を入れてもらいました。

欲を言えば、

・洗濯収納棚用
・服を掛ける為の長押用
・ウォールシェルフ用

などなど、下地を入れると便利だろうなと思う所はたくさんあります。

家族構成が変わることがあれば、後から色々欲しくなる可能性もあります。

しかし流石にこれ以上は申し訳なかったので追加しませんでした。

予算の都合や大工さんの負担を考えるとなかなか希望の場所全てに下地を入れるのは難しいかもしれませんが、迷ったらまず大型家具の固定用を優先的に入れておいた方が安心かと思います。

軽いものや細々としたものであれば、後から下地センサーを使ったり、どこでも下地が作れるキットを使ったりしてDIYしましょう!

【送料無料!TRUSCO工具 格安特価(トラスコ中山)】シンワ 下地センサーBasic 78575 [361-0616] 【下地材探知器】[78575]

価格:1,790円
(2018/10/2 11:06時点)
感想(67件)

石膏ボードでも使える特殊なアンカーも出ています。

DENSAN(デンサン/ジェフコム) 石膏ボード用 打込みアンカー(ビス付) (各50本入) HO-430 [袋入タイプ]

価格:1,159円
(2019/8/1 19:00時点)
感想(0件)

というわけで家づくりの参考になれば幸いです(*´꒳`*)

スポンサーリンク

にほんブログ村(マイホーム計画中)

クリックが励みになります(^^
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村(ローコスト)

人気ブログランキング

-内装・設備
-, ,

Copyright© 年収300万円台からの家づくり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.