内装・設備

初めてのショールームで水まわり選び。

投稿日:2018年5月23日 更新日:

こんにちは。akiです。

今回は水まわり決めについてのお話です。

注文住宅にすると水まわりも自分達で細かく決めることができます。

勿論メーカーも指定できるんですが、今回は標準で見積もりに入っていたリクシルさんにお邪魔しました。

じっくり時間をかけて選ぶため、ショールームには事前に予約を入れてから行きます。

初めてだと思ったより時間がかかるし勝手も分からないだろうからということで、工務店の担当さんも一緒に来て下さいました。

店内ではリクシルの担当さんがつきっきりでじっくり説明して下さいます。

今回決めるのは、バス・トイレ・キッチン・洗面。

そういえば以前頂いた見積もりの中に、標準で設定してある水まわりの資料が添付されていました。

つまり、その添付資料の標準仕様以外を選ぶと金額が上がるということです。

・・・旦那はその資料には目を通していません・・・

大丈夫かな・・・

スポンサーリンク

バス・・・システムバスルームArise(アライズ)

白ベースに黒のアクセント壁にしてちょっとシックな感じに。

旦那のこだわりが色だけだったので、小さな模型を使ってバスタブと床、壁、アクセント壁のシミュレーションをしました。

しかし色より何より大事なのがお風呂の保温性です。
二人の生活時間帯が見事にずれている為、保温できるタイプのバスタブにして、フロアも冷んやりしないタイプを選びました。

保温タイプの「サーモバスS」は浴槽とフタが保温構造になっていて、数字上ではお湯の温度の低下が4時間経っても2.5度以下という凄い保温性らしいので、実際どれだけ保温してくれるか楽しみです。

そして付けるのを迷ったのが浴室暖房と手すり。
歳をとったらどちらも必要かなぁと思うんですが、結局導入しませんでした。

特に浴室暖房はネット上で「結局使わなかった」という意見もちらほらありますし、何より使ったことがないので良さが分からないんですね。
将来的にリフォームが必要になったらヒートショック対策と転倒防止で両方つけようかと思います。

トイレ・・・アメージュZA(標準はアメージュZ)

トイレは標準のよりお洒落な形にしたくて各階2万円アップ。

便座がリフトアップできて、便器が縁レスタイプなのでお掃除がしやすいのです。

お洒落な感じで人気のタンクレスにも心惹かれたんですが、水道管の水圧が足りなくて設置は難しいとのこと。特に二階。

水道管の太さは通常20mmなのですが、我が家は水道の引き込み分担金をケチって13mmにしたので水圧が足りないそうです。

普通に水道を使う分には問題ないのですが、これからタンクレストイレを検討される方は水道管の太さにもお気をつけ下さい(^^;

タンクレスがダメならタンクが収納で隠れるものもいいなぁと思いましたが、これはこれで収納部分で値段が上がるのと、尚且つ手洗いボウルも別に必要になるので却下されました。

自動洗浄などのハイスペックな機能をつけなければ、便器そのものの値段はあまり変わらないのですが、手洗いボウルをつけるだけで値段がグンと跳ね上がるのです・・・我慢我慢!

キッチン・・・システムキッチンAS

一般向けにはアレスタという名称で出ています。

白ベースにシルバーの取っ手でシンプルに。
(画像ではゴールドになってますが変更しました)

リビングの内装のイメージがイマイチ固まってなかったので、どんな色が来ても違和感がないよう、主張しすぎない無難な色にしました。

何を思ったか旦那が赤がいいと言い出しましたが、キッチンに赤は風水的にかなりのアウトなので即却下です。

金額的には食洗機が欲しかったのでその分の10万円アップ。(想定内)

蛇口は浄水器と一体型の浄水栓にしました。

そしてオール電化前提なのでIHコンロです。

なんとなくステンレスよりお洒落っぽくなるかなと思って、ワークトップだけ人造大理石にしました。

予算の都合上、頭上の吊り戸棚は無し、背面の作り付け戸棚も無しです。
(お値打ちな市販品を探してコストダウンです)

洗面・・・洗面化粧台oft(オフト)

賃貸によくある一面の鏡の横に収納ポケットがむき出しでついているタイプです。

一戸建てにお邪魔すると大きな三面鏡で裏に収納がある仕様のお宅が多いんですが、三面鏡にするメリットが分からなくて一面鏡にしました。

お値段が一番お値打ちというのもあるんですが(^^

コンタクトの洗浄液やメガネなど、置きたいものはたくさんあるので、鏡周りのポケットが一番多いものにしました。

実際のところ、三面鏡って物を取り出すときにわざわざ開けないといけないのが面倒くさいと思うんですけどどうなんでしょうね。

スポンサーリンク

最初は二時間くらいかかると言われていたんですが、旦那が決めるのが早くて意外とあっさり終わりました。

決められない人は何回もショールームに来て悩んで帰る人もいるらしいので、旦那の即決力はなかなか素晴らしかったです。

それに私の不安を知ってか知らずか、高価なものを一切選ばないでくれました。
むしろ私の方が色々付けたがってた気がします・・・(^^;

結果こんな見積もりになりました

水回りだけで280万円もするんですね!!!
ちょっとビックリする金額ですが、実際はお値引きが入ってもっと安くなるそうです・・・良かった・・・

最終的には標準に167,648円の追加で済むそうです。

予算があればお風呂のシャワーを変えたり取り外しできる台にしたり、トイレの手洗いボウルをつけたりタオル掛けを変更したり色々と変えたかったんですが、我々にはこれが限界でした。

・・・というか旦那が現実的すぎました(^^;

一度決定すると色を変更するだけでも別料金がかかるので、水回りはコレで決定です!

標準にこだわりすぎて楽しんで選べなかった気がするのはちょっと残念・・・

水まわりもお洒落に
オシャレインテリア雑貨通販【Homezakka】



スポンサーリンク

にほんブログ村(マイホーム計画中)

クリックが励みになります(^^
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村(ローコスト)

人気ブログランキング

-内装・設備
-, ,

Copyright© 年収300万円台からの家づくり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.