内装・設備

コンセントの位置や数で後悔しないためのコツ①

投稿日:2018年8月7日 更新日:

こんにちは。akiです。

いよいよ家の中の電気配線関係を決めて行きます!

コンセントの位置、照明の種類、照明スイッチの位置などですね。
ここは家が建ってから簡単には変えることができません。

「コンセントが遠くて延長コードでタコ足配線!」

「ダウンライトにしたけど思ってたのと違う!!」

「欲しい所に照明スイッチが無い!!!」

・・・などなど、後悔しても我慢して使い続けなければいけないのは嫌ですよね!
私は嫌です!!

今回は一番重要と言っても過言ではないコンセントの配置や数について、後悔しないために私が気をつけたポイントをお話しします。

スポンサーリンク

標準装備のコンセント数では確実に足りない

コンセントの位置と数は一から自分で考えるのではなく、コーディネーターさんが見本を作って下さいました。

まずは一般的な使い方に合うような位置に、予算オーバーしない数でバランス良く配置していきます。

ただ、

「一般的な配置」 

は誰にでも当てはまるわけじゃ無いんですよね・・・。

そこが問題。

特に、私のように子供部屋を仕事部屋としてパソコンルームにしたいとか、シアタールームが欲しいとか、なんかイレギュラーな使い方を想定している場合は、通常の配置ではどうあがいてもコンセントの数が足りません。

例え特殊な使い方をしていなくても、標準のコンセント数では足りなくなることがほとんどだそうです。

そこで。

まずはコンセントを使う家具・家電を把握すべく、家具の配置図を作ることにしました。

スポンサーリンク

コンセントの位置を決める前に家具の配置を考える

とりあえず新居に持ち込む家具・家電のサイズを測り、間取り図に書き込んでいきました。

高さも一緒に測っておくと、コンセントの高さを標準の位置からずらす時に便利ですし、照明スイッチを検討する時にも使えます。
(コンセントの標準は床から25cmの高さでした)

大体どの位置でどんな家電を使うのかも書き込んでおくと何口のコンセントが必要なのか大まかな目安がわかります。

私が作った配置図がこんな感じ。

《1階》

《2階》

※赤枠が家具
※青文字がコンセントを使う物

引越しの時にも使えるかと思って、コンセントに関係ない物も全て記入しました。

これにはコーディネーターさんも旦那も驚いていました。
過去にこんなしっかりした配置図を持ってきたお客さんはいなかったそうです(^^;

・・・まぁ・・・そうですよねw

時間を持て余している子無し主婦ですからねwww

普段仕事をしていたらこんなことやってられないと思いますので、こんなカッチリ図面に起こさなくても、もらった図面に手描きでどんどん書き込んでいけばいいと思います。

手書きの場合は設計用の三角スケールがあると便利です。
(普通の定規だと縮尺が違うのでめんどくさい)

三角スケール B-15 15cm建築士用 74961 製図 図面 定規 建築士試験対応 シンワ測定

価格:819円
(2018/8/7 18:51時点)
感想(0件)

我が家はこの配置図をデータでお渡しして、データをもとに改めて仮のコンセント配置案を出して頂きました。

コーディネーターさんもプロですから、使う家具・家電が分かれば最適な位置と数で提案して下さいます。

認識の相違で多少思惑とズレる部分もあるので、そこを修正すれば完成です。

コンセントの位置は色彩感覚や美的感覚が関係ない分決まるのは早かったです。
大事なのは生活しているところを想像する力だけだと思います。

想像する上で気をつけたいことや、周りからアドバイスを頂いたことがあるのですが、長くなりそうなので今回はここまで。

次回からは具体的に気をつけたいポイントをお話ししたいと思います(^^

使わないコンセントにはおしゃれなカバー

コンセント キャップ おしゃれ / ねこのコンセントカバー 4個組 AKN-1804 /【ポイント 倍】【送料無料】

価格:756円
(2018/8/7 18:49時点)
感想(4件)

スポンサーリンク

にほんブログ村(マイホーム計画中)

クリックが励みになります(^^
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

にほんブログ村(ローコスト)

人気ブログランキング

-内装・設備
-, ,

Copyright© 年収300万円台からの家づくり , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.